艦これ(新米)提督日誌

『艦隊これくしょん』を始めたばかりの初心者日記です。
覚書程度でしょうが、記録としてつけていきます。

秋刀魚漁を終えて

二〇一七年十月十八日水曜夜
アップデートもそろそろ終わった頃だろうか?。
初めての秋刀魚漁、なんとか三十一匹を釣り上げほっとしました。
残念ながら、海防艦は一隻も無し。


任務では、三式ソナーに大発動艇、熟練搭乗員、そして、

TBFと

17式大漁旗をいただきました。


運がモロに出るというか、釣れない時はとことん釣れないので、続けるのが大変でしたね。
最初、なかなか条件が分からないのがきつかったです。

意外に、任務の資源が嬉しかったり。



こういう時に限って

二〇一七年十月十三日金曜夜


こんばんわ、連休のきつい仕事の影響がようやく抜けてきました。
艦これする気にもなれなかったと言うのが、ダメージの酷さを物語っています。


とりあえず、もう少しで秋刀魚漁も三十に届くので、なんとかそこまでは釣りたいなと。


数日して無かった艦これには、資源が少し溜まっていました。


気力も戻ってきたので、ちょっとやってみるかと、大型艦建造。
景気づけです、景気づけ。
こいっ、神威来いっ!(4000200050005200)(もちろん後でサラトガ来い)


・・・・・・建造時間18分って、まるゆ??。


まあ、潜水艦枠としては色々便利なまるゆですので、初で悪い事はありませぬ。
(燃費効率はほぼ最高のはず)
でも、まるゆが出るなら、レア運が来てるのかも。


もう一回、神威来いっ!!


・・・・・・18分 orz


こういう時に限って、なぜ重なる。

近況(ちょっぴり忙しかった日々)

二〇一七年十月十一日水曜朝


おはようございます。まだ五時前ですが、目が覚めてしまいました。


寝汗が気持ち悪いので、さっさとシャツを変えます。
精神的な疲労やストレスがたまると、自律神経がヒステリーを起こして、こういう事があります。


十月の八日九日は、福岡で、半年に一度のとある大型ゼミナールがありまして、自分たちはそのお世話役の当番でした。
これが数年に一度回ってくるのですが、前の日(七日)から止まり込んで色々準備です。
その下準備その他もありまして、九月後半からずいぶんと忙しゅうございました。


そこへ安倍ちゃんが、総選挙するぞとおっしゃるもんですから、予定表の見直しです。


社会人と言うのは、しがらみの塊です。しがらみが無い人間なんて、マジの世捨て人か病院レベルの引きこもりでしょう。

どこぞに『しがらみの無い政治を』とかおっしゃる都知事がいましたが、私のような小市民でもあり得ないのに、あんたら政治家がしがらみ否定するなんぞ、トランプ大統領がアメリカを否定するようなもんです。社会を舐めんな。


自分には可愛い子や孫や家族がいます。四年前の超氷河期は絶対NOです。当然現与党オンリーです。


十月二十二日が投票日と決まり、昨日の十日はある与党候補者の地区出陣式でした。当然これにも参加。

青空の元、神社の境内を使った、いかにも田舎田舎した出陣式ですが、これでいいんです。
どこぞのオサレで、スタイル決めて、かっちょいい事だけ言うような政党は二度とごめんです。

農政連のおっちゃんたちが、『この忙しい時期に』とチクチク文句を言ってましたが、それでも候補者に勝ってもらわないと、困るのは分かり切ってます。


今年は酷い水害がありましたが、駆け回ってくれた先生(候補者)のおかげで、災害対策が通常より早く進みました。その爪痕をどうするかは、自治体の長が身動きが取れないほど大変です。日本は災害大国なんです。


災害対策費を削るのは簡単でも、災害が起こってからの復興は、削った分の十倍では済みません、マジに。


もちろん、削らなくても起こったかもしれません。ただ『災害は忘れたころにやってくる』がこれほど身にしみた年はありませんでした。