艦これ(新米)提督日誌

『艦隊これくしょん』を始めたばかりの初心者日記です。
覚書程度でしょうが、記録としてつけていきます。

丙から始めよう(夏イベ)11 E-4-2(夏の終わり)

二〇一七年八月十七日木曜夜


E-4-2は泥沼にもつれながらも、なんとか三勝目を挙げた。


前回に引き続き、またも最後の雪風のカットイン魚雷で辛勝。
自分にとっては、このマップがギリギリなのだと思わされる。


次が最後と挑むも、最初のDマスであっさり夕立が中破。
ま、こういう事もある。次があるさと即座に撤退。


こういう時こそ、気分を変えよう。
全員にキラ付けして、風呂に入り、一息入れて、いざ最終戦!。


気合が入ったのか、Dはさっと終わり、懸念のJマス。
開幕爆撃と支援が決まり、子鬼の半数が沈黙。
ほぼダメージ無しでJを抜ける。


Kはカスダメのみ。

ボス前Mマスも、開幕と支援がうまく決まり、半数が撃沈。ついてる!。

カスダメのみで、ここもS勝利。


最終マス、ボスは戦艦仏棲姫-壊と名を変えています。

今気がついたのですが、この巨体で高速戦艦なのですね。どんだけ不公平なんだ。


陣容もかなり厚いようです。


基地航空隊が二回爆撃を行いますが、これは敵の航空機を減らすためと割り切り、少しだけ敵が減ります。


開幕爆撃で少々前衛が減り、決戦支援が前衛の半数、後衛の2割を沈黙。


ボスの攻撃が第一艦隊の千歳に集中、しかし、撃沈されない限りこれはこちらに有利。
前は先に攻撃されていた無傷の戦艦、重巡の砲撃が次々と命中。
一発陸奥に当たり中破されるも、艦隊の打撃はこれまでで最高。


ボス以外の敵が沈黙し、夜間戦闘に入った時点で、ボスのHPは173、これもこれま
でで最低。
そして、五十鈴の50ダメージと妙高の150ダメージが連続。


戦艦仏棲姫撃沈。

震えるような興奮と共に、彼女の最後の言葉は、少し考えるものがあります。
ちなみにドロップは浦風(2隻目)


やっと、おわったのだなあと思いながら、いただいた勲章と戦艦というごついプレゼントを見つめました。

残念な事に、資源が限界に来ていて、次のマップは途中で資源切れを起こすのが確実。

ある程度資源が溜まれば考えますが、しばらくは資源確保を必死にするしか無さそうです。


いただいた戦艦Richelieu、自分としては初めての海外艦になるはずだったんですが、一足先にZ1がドロップと言うハプニングで、初めての海外戦艦という地位に。
やっぱりドイツとフランスは仲が悪いわ。

ただ使いきれるかどうかは微妙。金剛4姉妹ですら、比叡と霧島は持て余してます;。

丙から始めよう(夏イベ)10 E-4-2

二〇一七年八月十七日木曜昼


お昼の休息タイム。


昨夜、今朝と準備してきた全艦隊・基地航空隊を立ち上げる。対E-4-2部隊。


最初の一戦の後、立て続けに負けた記憶が苦くよみがえる。


ハー〇マン軍曹だったら、こうのたまうだろう。


『きさまは始めたばかりの小僧だ!、底辺を蠢くウジ虫だ!、きさまのくそったれなヘタレ艦隊で、偉大なる先輩と同じ戦法が出来るわけがねえだろがこのウジ虫があああっ!』


首根っこ掴まれて、むち打ちになりそうなぐらい揺さぶられながら、怒鳴りまくられるのは間違いない。



ネットには、偉大な先輩方の輝かしい戦歴や戦法が綺羅星のように並んでいる。


だが、それは先輩方の血と汗の結晶であり、無数の屍の上に積み重ねられた経験の結果。
幾多の戦場を駆け抜けた、戦う鬼というべき高レベル艦娘あっての戦法。


まだ90レベルの艦娘すら片手の指に足りない自分では、同じ戦法が通じる訳が無い。


『対ボスを考えるなど無駄。まず到ボスを条件に艦隊を組むべし』それが、自分が出した結論。


傷だらけの艦隊で、あの怪物の前に出ても、まともな戦いになる訳が無い。

E-4-2ボスの印象が強すぎて、その対策に悩み迷った挙句、かえって思考の沼にはまり込んでしまった。


ボスを見たことも無かった最初の一戦、それが勝ったのは何故か?。


知らなかったからこそ、これまで通り、マップに勝てる艦隊を組んだからだ。


自分の短い経験だけだが、マップを確実に攻略できずに、ボスに勝てるわけが無い。


特にJマスの子鬼群は、当てるだけではだめだ。
9しかHPが無いのに1のカスダメにされてしまうのは、その何倍かのダメージが通る必要があるのだろう。


そして、E-4第2ゲージボス戦艦仏棲姫も、莫大なHPを守る防御が厚い。


だったら、むしろ勝負は昼間。さっさと手下を潰すべし。
潰し終わるまでに、ボスのHPも削れるはず、残りは夜戦でカタをつける。


夜戦魚雷要員の雪風を最後のジョーカーに残し、あとはほぼ昼戦闘用の装備で艦隊をくみ上げた。


それでは、戦争の始まりだ。




最後の夜間戦闘を受け持つ第二艦隊。


最後に残る仏棲姫。HPは278。


普通なら、五十鈴と妙高の2連撃で終わる。だが、分厚い装甲はその数値を500オーバーに等しくする。


五十鈴の一撃が50、妙高で100、夜間ダメージが普通の半分も出ない。
羽黒が先に一撃食らって20、時雨がカットインで40、夕立がカスダメ、残り60!。


最後の雪風、魚雷カットイン発動、160ダメージ。


ボス撃沈。

ほんとにギリギリでしたが、今回は勝てました。


次は切り札(ジョーカー)を切る前に勝負をつけたいものです。


ドロップは、足柄。
まあ、昨日A判定でもあれが出ましたし、文句は言えませんわなあ。



さて、お昼も終わりだ。短い戦争も終了。
夜はどこまでいけるかな?。

丙から始めよう(夏イベ)9 E-4-2

二〇一七年八月十六日水曜夜


妙高の一撃が、空母夏鬼を仕留めた。

ようやくEー4前半戦終了。ドロップは高波。


さて、後半戦も連合艦隊だが、色々微妙に違っている。
まずスタートがAではなくDマスに進まねばならない。部隊の全面的な組み直しだ。


そして、距離が長い。基地航空隊も十分に飛べる飛行機でなければならない。
手持ちの艦載機をじっと見る・・・・・・戦力になるかなあ^^;。


さらに、ボス対策。もの凄いボスらしい、頭が痛い。


なんとかかんとか部隊を組み上げ、最初の潜水艦マスは、大したことも無く乗り切れた。
だが、Jマス。これが酷い。

うじゃうじゃいるこれ、群??。
HPはやたら低いのに、撃っても雷撃しても当たらない。

キャハハハハ、キャハハハハと、こちらの神経を逆なでし、ガリガリ削ってくる。
ようやく沈黙させたが、もの凄く疲れた。


空襲マスもあったが、敵キャラの気持ち悪さにうんざりする。

ほとんどホラービデオ。
しかもHPがめちゃめちゃでかい。あれを相手にしたら、とてもボスまで行けないぞ。


支援部隊がうまくはまり、Mマスも雪風の小破のみでボスへ。


だが、立ちはだかるまさに山。戦艦仏棲姫。

なんつー存在感。HPは驚異の730。


削れども削れども、中々減らないボス。
夜戦に入り、運よく時雨の魚雷カットインが炸裂。どうにか削り切れた。

もう一人のカットイン要員雪風は、先に狙われ中破で当てにならなかったからホッ。


ドロップはまたも谷風。


二戦目、途中で第一に中破が出て、撤退。


気がついたのですが、今度はボーキじゃ無くて燃料がガンガン減ります。うわあああっ。


三戦目、ボスまでは運よくかすり傷だけで進めたが、ボスが徹底的に主力の陸奥を狙って大破。
夜戦の主力である黒羽、時雨も狙われ中破、最後に雪風の魚雷カットインが炸裂したが、わずか6削り切れずにA判定。
ちっくしょおおおおおおおっ!

ただ、ドロップがZ1でした。まさか、これが来るとは。