艦これ(新米)提督日誌

『艦隊これくしょん』を始めたばかりの初心者日記です。
覚書程度でしょうが、記録としてつけていきます。

自堕落な休日(シン・ゴジラ)

二〇一七年六月二十六日月曜 午前


昨日は、久しぶりに自堕落な休日を過ごせた。


先週の東京出張、その前の日曜は研修。


昨日は雨が降って、家族もわがまま外出を言いづらい。


社会人に自由自堕落な休日というのは、非常に貴重だ。


おかげで、朝は近所にできたばかりの名古屋系コーヒーチェーンをのぞき、
その後は映画鑑賞。合間に艦これどっぷり。


ちなみに映画は「シン・ゴジラ」。うん、実に自堕落。


自分はゴジラは好きで、この映画も放映直後に2回見たのだが、レンタルで新作の縛り(二泊三日まで)も消えて一週間レンタルに切り替わったので、借りることに。


見た感じ、旧東宝系ゴジラを想像しながら見たら拒否反応が出るだろう。
特に登場直後のあれは、生理的に合わない人も多いと思う。






ここからネタバレ気味だが、






映画を見るとき、カエルが苦手な人は覚悟した方が良い。



さすが某エヴァの監督、リアル使徒。キモいわ。



怪獣映画は大まかに、『怪獣VS怪獣大決戦』か、『怪獣VS自衛隊(か他国軍)人間ドラマ』の二つの流れに分かれるが、『シン・ゴジラ』は後者。


『シン・ゴジラ』は、ストーリィ的にも見るべき所が多く、日本らしいドラマが光っている。
だが、『日本の常識、世界の非常識』、他国に受け入れられるとは限らない。


最初のヘリ攻撃、直前中止命令。
外国では、あそこまで庶民に優しいと、国の危機というより単なる子供用映画だなと本気を疑う気がする。


その他にも、


査定にならないと宣言され、活動に全てを賭けて悔いない巨災対メンバー。
パニックも暴動も起こさない、300万人以上の大移動。
自衛隊指揮官のしぶい『仕事ですから』。
すっとぼけたおっさんにしか見えない総理代行が、実は物凄い策士。


・・・・・・日本以外の国では、常識どころかあり得ないと非難されるんじゃないか?。


私たちだと、『そうだよなあ、日本人はそうだよ』と思いカタルシスを得るのだが。


日本ではヒットしたシン・ゴジラが、外国では受けなかった理由はそういう所じゃなかろうか。

二人の重巡

二〇一七年六月二十五日 日曜夜


日向さん、何でお祭り姿なんですか?。



まだまだ先が見えない5-3対策。
四月から始めたばかりの新米提督には、なかなかに荷が重い。


新米とはいえ、思考錯誤しているうちに見えてくるものもある。

今週は妙高と羽黒、重巡二人を改二に育ててみた。


本来なら、改二レベルが高い妙高より、那智や足柄あたりからだろうが、先に手に入れてかなり育っていたので真っ先に妙高が改二に。


羽黒の場合、最初はあまりに過敏なのでどうしようかと迷ったのだが、普段の立ち姿すらうつむき加減なのが気になり、突き抜けさせましたw。

改二になると、一気に元気な姿に。


ただね、妙高と羽黒、改二で打ちのめされた時のスタイルそっくりやん。やっぱり姉妹だ。


二人を入れた部隊で、どうにかボスに大破までは詰め寄れた。
あと一歩っ!。

演習、最悪の思い出

二〇一七年六月二十四日土曜朝


一昨日のアップデートで、由良嬢が時の人になっている。
改二で甲標的が乗せられるらしい。


自分の部隊には、ずいぶん遅く登場したので、ほぼ忘れられていた。


レベル8、うむ、すまん。


ちょっと動かしてみるか、周りのを寄せて4隻で最低限の部隊を。


・・・・・・えーっと、こんな娘たちも余ってたのね。
艦娘たち『もっと我々を使え!』




話は変わります。


朝の演習で、戦艦(大型)3、装甲空母2、軽空母1の部隊にボロ負け。


こちらは戦艦(高速)2、雷巡2、正規空母2。
北上・大井ペアもうまくいかないときはいかないw。


ただ、それでもあの時よりはましか。


少し前にあった演習、あれは酷かった。


対戦相手は、潜水母艦2隻の部隊。
駆逐艦訓練に使わせてもらおうと、対潜水艦装備を付けて、単横陣でマウスをクリック。


クリックする瞬間に、違和感というか異常。


潜母たちの小柄な幼女風だった顔つきが、丸顔のおっかさん風へ??。


え・・・・・・大鷹?!。


しかも、その大鷹、ホロとヘッドホン付き、つまり改二。超高速艦載機で開幕爆撃の前爆撃をまず仕掛け、静々と現れた後ろにはビッグセブンの超弩級戦艦、武蔵を連れてました。


『なんでやああああああっ?!』


6対2にもかかわらず、最悪の組み合わせ。
開幕前爆撃と長距離砲撃に雷撃、あっという間にこちらは全滅。


負けるのはいいよ、演習だから。だけど、何でこのタイミングで対戦相手が最悪に変わる??。まれに、演習の部隊が変わる事があるのは知ってますが、いくら何でもあの瞬間は無いと思ふ。

いやもうトラウマ。
今でも、演習で対潜水艦装備の時は、ギリギリまで緊張しまくりです。